中高年の女性に是非おすすめ

MENU

更年期ならではの症状の改善

更年期には閉経の5年ほど前から、急激にエストロゲンの低下が始まります。そのためホルモンバランスが崩れた状態に。それによってホルモンの乱れと連動しやすい自律神経のバランスも乱れ、更年期ならではの症状がいろいろ出てきます。更年期を乗り越えるまで、その症状に悩まされ更年期鬱になる女性までいるのです。

 

毎日イライラしたり、急に悲しくなったり、体が急に熱くなったり冷えたりと、異常な体調や精神状態に悩む人も多いはず。しかし更年期を避けることはできませんが、症状を軽くするためのケアをすることが重要なのです。セサミンは自律神経のバランスを整え、副交感神経を活性化させる働きがあります。原因は避けて通ることはできなくても、自律神経のバランスのコントロールができれば更年期障害の大きなサポートとなるはずです。

 

生活習慣病予防

動脈硬化など生活習慣病は、男性に多い疾患だと女性はあまり気にしていないのではないでしょうか。確かに女性の場合、エストロゲンが悪玉コレステロールの増加を抑える働きと、同時に善玉コレステロールを増加させる働きがあります。この二つの働きによって血液のドロドロを予防し、動脈硬化などの生活習慣病が比較的起こりにくくなっていました。しかし更年期になると急激にエストロゲンが低下することで、特に食生活や運動に変化がなくても悪玉コレステロールが増えるリスクが高まります。

 

更年期には精神的なトラブルもあり、イキイキとした生活ができなくなり運動量が減ったり、ストレスによって食事量が増えたりすることもあり、あっという間に生活習慣病が進んでしまうこともあるのです。セサミンは肝臓機能の向上や脂肪代謝向上、悪玉コレステロールを減らし善玉コレステロールを増やすなど、エストロゲンが減少をカバーすることができます。

 

代謝アップ

中高年になると、いわゆる中年太りと言われる肥満が目立つようになります。これは男女ともに起こる現象ですが、特に女性は女性ホルモンの低下も原因となっていると言われているのです。もともと冷え性の女性は多いと言われていますが、更年期を迎えると突然体が熱くなって汗がぽとぽとしたたり落ちるなど、ホットフラッシュ症状が起こります。それでも体全体はひどく冷え性になっていることがほとんどです。

 

冷え性は内臓機能を低下させることにより老化を早め、肥満を引き起こしやすくなります。冷え性は代謝が低下していることであり、血液の流れが滞っていることでもあるのです。セサミンは血液をサラサラに正常化していく働きにより血流をスムーズにしていきます。それによって必要な栄養素が内臓に届けられ代謝が高まります。その上、セサミンの抗酸化パワーも直接内臓機能向上効果があり、冷え性や代謝低下が改善されることにもつながります。

 

白髪も減少

中高年になると髪の質も弱くなり、パーマをかけて白髪を染めたらボロボロに。できるだけパーマや白髪染めはしたくないと思う女性も増えてきます。年齢を感じさせてしまう白髪についてもセサミンは注目されています。

 

毛髪はメラノサイトという色素細胞によってつくられていますが、黒髪色素はチロシナーゼと言い、年齢とともにこのチロシナーゼが減少していきます。活性酸素が年齢とともに低下していき、それが大きく原因になっていると考えられています。そのためセサミンには白髪の進行を抑える働きがあると言われているのです。

 

アンチエイジング

セサミンは肝臓機能を高めることから、血液の老廃物をろ過しキレイな血液を体内にくまなく届けることができるようになります。それによってさまざまな細胞や臓器が活性化し、体の中から若々していくのです。またセサミンの特徴とも言える、強力な抗酸化作用が体内の活性酸素を除去。

 

そのため細胞一つひとつの若返りが期待されています。また肌細胞が酸化するとシワ、シミ、くすみなどの原因にもなるため、セサミンは肌のエイジングにもおすすめ。アンチエイジングはやはり体内からのケアが重要なのです。